ペニス増大サプリとどう違う?亀頭増大手術の仕組みと効果

物理的に作用する亀頭増大手術

ペニスを大きくする際に比較的手軽な方法はペニス増大サプリの服用で、あくまでも食品なのでマイナスの影響が出にくいです。継続して飲み続けると血管が浮き出るなどの変化が現れることもありますが、効果が全く実感できない人もいます。

そんなペニス増大サプリに対して、受けると誰でもはっきりとした変化が現れるのが亀頭増大手術です。種類はいくつかありますが、基本はペニスのカリ部分に何らかの物質を注射器で埋め込んで増大を図ります。その成分は柔らかく弾力性があり、カリの奥の方に埋め込むため、質感そのものは変わらずに大きさだけに影響を与えられます。物理的な手術なので、変化が出ないということはありません。

そして手術で使用するのは注射器なので、1時間以内に完了することがほとんどです。そのため入院する必要もなく、手軽に受けられます。安定するまでの期間もそこまで長いわけではなく、内容次第では1週間から半月程度で性行為もできるようになります。

亀頭増大手術を受ける際の注意点

ペニス増大サプリも成分のアレルギーなどを考える必要がありますが、亀頭増大手術の場合は変化が大きい分、より気を付けなければなりません。
そのひとつが成分の選び方で、使用される定番にはヒアルロン酸があります。人の体にも元々ある素材で安全性が高めですが、時間の経過とともに体に吸収されるという性質があります。そのため増大したシルエットが小さくなる可能性が高いです。そうならない持続力を持った素材も選択できますが、ペニス増大サプリと同じようにアレルギー反応が出るものもあります。

また手術を行う医師の技量にも大きく左右され、万が一下手だった場合はペニスがいびつな形に膨れ上がってしまいます。そしてそれが元に戻らなくなった例もあります。
ペニスは一人に一本しかない重要な組織なので、確かな腕を持ったところに依頼しなければなりません。それらの選択が全て良い方向に向かえば、ペニス増大サプリよりも確かな変化が得られるでしょう。

まとめ

亀頭増大手術は物理的にペニスを大きくするため、ペニス増大サプリと比べると効果がはっきりと出ます。しかし手術で保険が適用できないので、費用が大きくかかります。その点を考えて、ペニス増大サプリとどちらにするのかを決定すると良いでしょう。

ただ基本的に手術とサプリの使用は分野が異なります。そして亀頭だけに働きかける手術に対して、ペニス増大サプリは広い範囲が対象なので、どちらも選ぶという手ももちろんあります。