ペニス増大サプリと包茎治療の違いとは

ペニス増大サプリは血管を拡張させて、陰茎海綿体を大きくするのが目的です。ED治療薬ほどの強い作用はありませんが、飲み続けることで変化を実感できます。勃起力を復活させたい人に最適ですし、将来のED発症に備えて予防対策として活用するのもありです。ペニス増大サプリは食品に分類されるので、副作用は基本的にありません。過剰に飲みすぎれば別ですが、適正量を守っている分には問題なしです。

ペニス増大サプリに対して包茎手術は、包茎を解消することを目的としています。日本人の7割は仮性包茎とも言われていますが、この場合は特に問題ないです。問題となるのは真性包茎やカントン包茎であり、これらは日常生活や性生活に問題が生じるのです。包皮を被った亀頭は刺激に対して敏感なため、早漏を引き起こす原因になります。また恥垢が溜まりやすいので悪臭を招いてしまうのです。こうした問題を解消するためにはペニス増大サプリより包茎治療をするのが得策でしょう。

両者を組み合わせることもできる

ペニス増大サプリと包茎手術は併用しても問題ありません。ペニス増大サプリは勃起力の増強、包茎手術は包茎の解消が目的です。勃起不全と包茎を併発している状態ならば、2つの対策を組み合わせるのがおすすめです。

下半身の悩みは複数が絡み合っていることが多く、包茎が原因で勃起不全になる人もいます。包茎であることがコンプレックスになると、心因性のEDを発症することがあるのです。こうした場合はペニス増大サプリを活用しても根本解決はできませんので、原因となる包茎を改善していく必要があります。

下半身の悩みはコンプレックスの解消により、同時に改善することが多いです。真性包茎を解消したらEDも治ったという声は少なくありません。ペニス増大サプリには副作用がありませんので、減退を防止するために利用している人もいます。下半身の減退は早ければ30代くらいから実感するので、そのタイミングでペニス増大サプリを飲むのもありです。

まとめ

ペニス増大サプリと包茎手術は目的も効果も違っています。勃起不全の悩みを解消するためにはペニス増大サプリが役立ち、包茎を解消するには包茎手術を受ける必要があります。両者の対策は併用もできるので、複数の悩みを同時解消するために利用するのもありです。

男性の自信を取り戻すためには、下半身のコンプレックスから抜け出すことが大切です。包茎が関係するEDの場合は、ペニス増大サプリを利用する前に包茎手術を受けるのが得策でしょう。