ペニス増大サプリとどう違う?長茎術の仕組みと効果

ペニス増大サプリと長茎術は異なる

ペニス増大サプリと長茎術は単体で行われることもありますし、併用されることもあります。ペニス増大サプリはペニスを増大させるのが目的で、勃起力を高めたい男性におすすめです。勃起力が減退してくると、半立ちや中折れなどの症状を招きます。これらの症状は陰茎海綿体を元気にすることで改善します。加齢に伴ったEDは解消できませんが、生活習慣病やストレス・冷え性などが関係するものは改善できる可能性が高いです。

長茎術は勃起力を促進するものではなく、短小のコンプレックスを解消するために行われます。ペニスが短すぎると他の男性に引け目を感じてしまうという人は少なくありません。日本人の平均サイズが13cmであることを考えると、少なくとも12cmは欲しいところです。

ペニス増大サプリと長茎術を併用すれば、下半身の悩みをまとめて解決できます。理想の下半身を手に入れることができれば、女性にアプローチする自信も湧いてくるはずです。

長茎術でペニスを長くしよう

長茎術は一般的に切開をして行われており、ペニスの付け根を切開して大きく見せるのが目的です。ペニスが体内に埋まっている状態ですと、実際より短く見えてしまうのです。これを解消するのが長茎術のメリットであり、短小から開放されるので自信を持てるようになります。長茎術には40万円程度の費用がかかり、これには健康保険が使用できません。長茎術は包茎対策にも役立つので、短小と包茎の両方に悩んでいる男性も試してみる価値があります。

ペニス増大サプリを併用すれば、勃起力も手に入るでしょう。勃起力は30代くらいから減退してくるケースが見られており、50代くらいになると明確に実感する人が多いです。

十分な強さを手に入れるためにも、ペニス増大サプリで血流を促進してください。血流をよくするサプリは数多くありますが、ペニス増大サプリは特に下半身に作用するように調整されています。動脈硬化に関係する血行不良からEDを招いている場合にも効果的です。

まとめ

ペニス増大サプリは勃起力を強くしたい男性に最適です。これに対して長茎術は短小のコンプレックスを解消できます。長茎術は手術で行われることが多く、埋没しているペニスを引き出して長くできるのです。長茎術によって包茎が解消するケースがあるため、包茎の男性からもよく選ばれています。ペニス増大サプリと長茎術を併用すれば、下半身の悩みはほとんど解消するはずです。パートナーとの性生活を充実させるためにも、両者の併用をおすすめします。