ペニス増大サプリとどう違う?陰茎インプラントの仕組みと効果

ペニス増大サプリと陰茎インプラントとの違いや特徴

ペニス増大サプリは、増大させるのに必要な成分をサプリメントで補って摂取できるもので薬ではなく副作用のリスクも殆どないです。誰でも気軽に試すことが出来るのも大きな特徴です。

最近、注目されている陰茎インプラントは、プロステーシス(インプラント)を陰茎海綿体に移植する手術のことで、臨床データでは合併症になるリスクが低い安全な手術で普段の違和感も少ないと言われてます。

移植後は勃起させたいタイミングで位置を移動させると、性行為でも十分な硬さを維持できることが可能です。クリニックによって陰茎インプラントは日帰りも可能で、ペニス増大サプリと同じく年齢制限などもありません。主にED治療のために行う方法であり、その治療の中でも最後の方法で陰圧式勃起補助具や陰茎海綿体注射をしたい場合は、そちらを先に試してみてから行わないと後戻りが出来ません。あくまで勃起させることが目的なので、ペニス増大サプリのようにペニスを太くさせるものではないです。

陰茎インプラントの主なメリット

ペニス増大サプリとは全く違う陰茎インプラントの主なメリットは、自然な流れで性行為が出来ることで射精やオーガズムの障害とならずほぼ100%で満足な性交可能です。日帰りで局所麻酔もするので手術は1時間程度と比較的簡単で、費用はED治療薬や陰茎海綿体注射を長く使い続けるのと比べてランニングコストは低いです。

デメリットは膀胱鏡検査などでは障害になることがあり、一度にかかる費用が高額なことと感染を起こしやすく、感染を起こすと摘出する手術が必要となります。糖尿病の調整が出来てないと感染リスクが高まります。合併症やトラブルも多いので、経験があって知識なども豊富な医師と信頼できる病院選びが重要です。

ペニス増大サプリなら一度に高額な費用も不要ですし、手術と違って感染症になる危険もありません。勿論飲むことでまったく副作用が出ないわけでもないですが、それでもリスクはかなり低いです。あくまで補助的な栄養を補うものなので安全性が高いです。

まとめ

ペニス増大サプリは、あくまでペニスを増大させるための栄養を補うための補助食品です。陰茎インプラントは完全に外科手術になり、陰茎の中へと特別なインプラントを入れ込んで勃起させます。深刻なEDで他の方法を色々と試してみて、それで効果がなかった場合の最後の手段と言えます。

安全性は高いと言われていても手術ですし、感染症の危険も高いです。ペニス増大サプリは手術ではないので確実に増大するわけではないですが、その分感染症などの危険がありません。